加齢による白内障を治療する点眼薬シーナック

シーナックは、白内障の治療を目的に開発された点眼薬です。

そもそも白内障は、加齢に伴って眼球内のカルノシンと呼ばれる物質の生成が不足する事によって齎される症状です。

カルノシンは抗酸化物質として役割を果たしていますが、これが不足する事によって水晶体の酸化が進行し、それに伴って白濁が生じる事によって視界に問題を生じる訳です。

この現象を解消する為に、シーナックにおいてはカルノシンの代替となり得るNアセチルカルノシンと呼ばれる抗酸化成分が配合されています。

点眼で使用する為、直接的に成分が補給出来る事から症状の緩和に繋がり、使用者のおおよそ9割は症状の改善を実感するというデータも出されています。

使用開始時点でどの程度症状が進行しているかにも拠りますが、従来の治療方法である手術を回避出来るレベルにまで回復する可能性は充分に見込める事から、入院等の必要無しに治療が図れるという点で高い魅力があります。

また点眼を頻繁に行う必要が無い為に、使い易い薬にもなっています。

目安は1日2回ですが、概ね充分な効果の発揮を見込める使用開始半年以後については1日1回の点眼で症状緩和を図る事が出来るようになります。

長期的にじっくりと治療に取り組みたい場合にも、有効な薬剤であると言えます。

犬猫向けのペット向け点眼薬シーナック

またシーナックは近年になって、主に犬・猫向けとしてペット用のものも発売されています。

近年はペットの寿命が大幅に伸びており、白内障が増加しています。

ペット用はこれによって生じた需要に対応するものであり、有効成分はヒトのものと同様のNアセチルカルノシンとなっています。

より体の小さい動物にも共通して使用可能・有効であるという点は、安全性を推し量る上でより心強い材料であると言えます。

シーナックは通販や個人輸入で購入出来る体制も整えられていますが、使用においては医師の判断を仰ぐ事が推奨されています。

その理由は他の薬剤・点眼薬と併用した場合に作用が強く出過ぎるといったケースがある為、他の病気の治療も行っているような場合については使用に配慮を要する為です。

また抗酸化作用の強いNアセチルカルノシンが主である事から、一部の抗酸化サプリメントとの併用も問題になるケースがあります。

ですがこうした問題をクリア出来れば、日常生活を維持しつつ効果的な治療を図る事が出来るという利点があります。

価格も他の点眼治療薬と比較すると安めに納まり易く、利用を検討し易いと言えます。