ペットの水晶体の傘下を防止する点眼薬シーナック

シーナックは犬や猫の眼球の水溶液に浸透することで、酸化防止剤として機能して白内障を治療できる点眼薬です。

白内障とは目の中のレンズとして機能している水晶体が濁ってしまう病気で、加齢などが原因で起こります。

目の水晶体は水とたんぱく質でできており、水晶体が濁る理由は酸化が原因であると考えられます。

水晶体の酸化が進行してしまうのは、天然の酸化防止剤であるカルノシンが不足してしまうためです。

酸化防止機能として役割を果たしているカルノシンの作用によって、体の様々な器官の酸化を防止していますが、加齢が原因となってカルノシンの生成能力が減少していきます。

それによって、水晶体に関しても酸化してしまって濁ることで白内障になります。

以前までは白内障の治療は手術の方法が主流でしたが、現在では白内障の治療薬の目薬が開発されています。

Nアセテルカルノシン目薬を施術余殃することで、純度の高いカルノシンに変換して、水晶体の酸化を防止することが可能です。

2010年に医薬品としてアメリカなどで特許が承認されている医薬品がCAN-Cで、そのジェネリック医薬品がシーナックとなります。

ペットの白内障治療に有効な点眼薬シーナック

シーナックはペットの白内障治療に有効な目薬で、継続的に点眼することによってクリアな視野に回復させることが可能で、手術をしなくても済みます。

使用法の目安としては、最初の半年間は1日2回の使用で、朝と夕方に1回ずつ1滴の点眼を行います。

使用し始めてから7か月目以降は、1日につき1滴の点眼を継続することで白内障の症状を緩和できます。

手軽に治療が継続できることと、白内障の不快な症状を改善できる目薬ということで、人気の点眼薬として知られています。

人間の白内障についても、90%以上の人に改善効果が現れたというデータがあります。

どの犬種でも使用方法は同じで、白内障予防として使用するときには1回に2滴点眼します。

2滴の点眼を行うときには、5分以上の間隔を空ける必要があります。

シーナックには、Nアセテルカルノシンの他にもグリセリンや、ケイ酸カルボキシメチルセルロースなどが配合されています。

老化が原因の白内障であれば、眼球の酸化を抑制できる成分を補給できますので、個別差はあるものの効果としては早期に出やすい目薬となります。

副作用が少ない医薬品ということで、犬や猫への負担も小さくて、価格も先発医薬品と比較して割安となることから、体の面でもコストの面でも優しい目薬と言うことができます。