犬や猫の白内障にはシーナック

犬や猫の病気で白内障があることをご存知でしょうか。

白内障というと人間の病気というイメージがありますが、年々寿命が延びている犬や猫が発症する病気でもあるのです。

白内障の原因となるのが目の水晶体が濁ることにあります。

こうなってしまいそのまま治療もせずに放置してしまうと、最悪失明をしてしまうこともあります。

大切なペットが失明してしまうなんて、なんとしてでも避けたいですよね。

適切な治療をすればその症状を改善させることが出来るのです。

それは白内障の治療薬の目薬を点眼することです。

有名なものにキャンCというものがあります。

さらにリーズナブルなものを使用したい場合には、キャンCのジェネリック医薬品であるシーナックというものがあるのです。

ジェネリック医薬品ということは成分は同じなので、キャンCと同じ効果が期待出来るにもかかわらず、金額は安いというありがたい存在です。

使用法は最初の6ヶ月は1日2回の点眼が必要で、7ヶ月目からは1日1回の点眼をしていきます。

保存方法は冷蔵庫で保管しておくのが一番安心です。

しかし未開封のものであれば、常温で保管しておくことも可能です。

しかし真夏など気温が25℃を越えそうな時は、冷蔵庫で保管するようにしましょう。