シーナックで安全に白内障予防

白内障は主に加齢によって眼球内の水晶体が白く濁ってしまう病気で、男性よりも女性に多く見られます。

加齢以外にも、アトピー性皮膚炎や糖尿病、外傷などが原因となることもあります。

代表的な症状としては、視力が低下したり、視野が霞んだり、光が異常に眩しく感じたり、といったものがあります。

水晶体はレンズの役割を果たしている組織で、健康な人は外界からの光の刺激が水晶体を通過する際にピントを合わせて物をはっきりと見ることができますが、白内障になって水晶体が濁ってしまうとピント調節が上手くできなくなってしまうため、物がよく見えなくなってしまいます。

白内障になってしまった場合、その治療法としては手術と点眼薬による保存療法があります。

手術では水晶体の内部に超音波で振動する吸引管を挿入し、白濁してしまった水晶体を砕いて取り出します。

その後、取り除いた水晶体部分に人口のレンズを埋め込みます。

点眼薬による保存療法

ただし、手術が行われるのは一般的に症状がある程度進行してからであり、白内障の初期の段階では点眼薬による保存療法が行われます。

また、手術による合併症が心配で手術はできるだけ避けたいという人にも、点眼薬による治療が行われます。

この時に使われる成分がN-アセチルカルノシンというものです。

白内障による水晶体の白濁は、水晶体を構成しているタンパク質が酸化して変質してしまうことによって起こります。

そこで、強い抗酸化作用を持つN-アセチルカルノシンを含有した点眼薬を用いることで、水晶体の酸化を予防し白内障の進行を食い止めるのです。

ここで注意しなければならないのは、点眼薬による治療はあくまでも進行を食い止めるためのものであり、すでに白濁してしまった水晶体をもとに戻すことはできないということです。

N-アセチルカルノシンを含んでいる点眼薬としてはクララスティルがありますが、現在はクララスティルのジェネリックもいくつか登場しています。

その一つがシーナックです。

ジェネリックですから、シーナックに使われている成分はクララスティルと全く同一ですし、効果・効能についてもまったく変わりがありません。

にも関わらず、ジェネリックであることから価格は非常に安く、クララスティルと比べると半額以下で購入することができます。

なお、シーナックは国内では承認を受けていないので、購入は個人輸入代行業者などを利用して購入することになります。

安全性を気にする人もいるかもしれませんが、N-アセチルカルノシンはEUの安全規格を通過していますし、副作用も報告されていません。

使い方としては最低6ヶ月間の連続使用が必要となりますので、きちんと守って服用しましょう。

酸化による白内障の白濁を防ぐシーナック

シーナックは初期の白内障の症状を改善させる点眼薬です。

白内障は初期症状があまり出ずに、視界がぼやけ物が二重に見える程度しか実感できません。

しかしそのような症状は目が疲れた時でも起こることがあるので、白内障と疑う人は少ないです。

白内障がどうか分からず眼科に行くのをためらっている人は、症状の悪化を防ぐためにシーナックを通常の目薬の代わりに使うと良いです。

酸化による白内障の白濁を防ぐ効果があると言われています。

人間は年をとるとカルノシンという抗酸化物質が減少し、白内障のリスクが高まります。

シーナックの有効成分であるNアセチルカルノシンには抗酸化作用があるため、不足したカルノシンの働きを補うことが可能です。

Nアセチルカルノシンを配合した点眼薬にはクララスティルがありますが、シーナックはこれのジェネリック医薬品なので安い価格で購入できます。

継続的に使っても費用が高くならないので、高齢者に安心な点眼薬です。

使い方は最初の6ヶ月間は朝と夕に1滴点眼し、それを過ぎたら1日1回1滴に変えます。

2滴目は1滴目から5分以上間隔を空けなければなりません。

簡単なケアで白内障の不快な症状を緩和させるので、眼科に行って負担をかかる手術を受けなくて済みます。

ネット通販でも個人輸入で購入できるシーナック

予防として使うことも可能で、その場合は1日1回1滴を点眼するだけです。

点眼後1分間ほど目を閉じると有効成分がよく浸透します。

新品の状態で開封すると、点眼するための穴はまだ開けられていません。

よって一番最初に使う時は一度キャップをあけてプラスチックのシールを外し、再度キャップをきつく閉めることで、キャップないの突起に穴を開けさせる必要があります。

重篤な副作用の報告はないので、安心して使うことができます。

ただし抗酸化作用の高いルテイン製剤やゼアキサンチン製剤、アスタキサンチン製剤のサプリメントを一緒に服用することはできません。

また医師の指導がない限り、他の点眼薬との併用も好ましくありません。

白内障を予防するには、シーナックの利用だけでなくサングラスで紫外線を遮断するなど日常生活での工夫も大切です。

眼科に行かないで購入する場合は、個人輸入を利用することになります。

海外から取り寄せますが、面倒な手続きは不要なので国内のインターネット通販と同じように注文して商品の発送を待つだけです。

ただし海外には薬の人気が高いほど偽薬が出回りやすいので、本物であることを確認してから使います。

白内障の治療に安価で利用できるジェネリック医薬品シーナック

「シーナック」は2010年に最新の白内障治療薬としてアメリカで認可された比較的安価で対処できるジェネリック医薬品で、一般的には医療機関などで治療薬として処方されています。

シーナックの最大の特徴は白内障点眼薬として人気の支持率を維持している「キャンC」と同等の成分Nアセチルカルノシンを配合することによって白内障の併発によって眼球に影響をもたらす酸化による水晶体の白濁を取り除く効果が期待でき、結果的にクリアーな視界を回復することのできる点眼薬なのです。

このNアセチルカルノシンには、加齢による白内障特有の眼球内部にあるカルノシンという抗酸化物質を生成されなくなるといったまさに白内障の原因そのものとなる不足していくカルノシンに替わる重要な役割を担ってくれているのです。

これによってNアセチルカルノシンを含むシーナックをはじめの半年程度は1日2回朝夕1滴ずつ、経過とともに1日1回1滴ずつ点眼し軽く目を閉じ5分程度眼球に浸透するのを待つだけで、白内障特有の膜が張ったような曇りがちな視界をクリアな視界にさせてく効果を発揮し、今では人気の白内障の症状を緩和する点眼薬となっているのです。

コストパフォーマンスのよい白内障治療薬シーナックの入手方法

またこのことは当時に今まで白内障の改善方法として「手術」という1つの選択方法だけだったのが、自分で点眼するだけで徐々に回復に導いていく手軽な治療方法にまで選択肢が広がった点でも喜ばしいメリットに変わっています。

手術と比べると時間は要するものの、点眼するだけで精神的負担を掛けずに治療を取り組める安心感が得られます。

またシーナックはジェネリック医薬品でもあるため、先発薬のキャンCや手術などと比較してみても低価格で済むので総合的にみても治療費用が大幅に軽減できるのでコストパフォーマンスに優れ、安心感と両方のメリットが得られるのです。

また安心感は手術をせずに済むといった事に留まらず副作用があまりないというのも特徴の一つで、稀にみるのが点眼後にチクチクとした違和感があるといった事だけなのも安心できる要素です。

また以前は医療機関のみでの処方薬として用いられていましたが最近では医師の診察や処方箋がなくても、個人使用に限定って輸入規定量の個人輸入が法律で認められたことからインターネットなどでの購入が可能になり、いつでも必要時に白内障対策ができる身近な存在にもなってきているのです。

これによってあきらめずにシーナックを用いた長期的な改善方法を選ぶ白内障患者様が定着しているのも現状です。